英語を使って仕事をしたい!翻訳家になるためのポイント

英語を使って仕事をするなら翻訳家

英語を使って仕事をするというのは国際化が進む現代社会ではニーズに適う選択です。しかし、英語力を活用できる仕事には多数あり、それぞれに大きな魅力があるでしょう。日本の英語教育で培ってきた英語力を発揮しやすいのが読み書きであることから、それを存分に発揮したいなら翻訳家になるというのは賢明な選択です。世界と情報をやり取りするには日本語を英語に、英語を日本語にしていかなければならず、その担い手は常に重宝されているからです。

翻訳家になるなら日本語を学ぶ

英語を基本とする翻訳家になりたいと考えたら、英語を学ぶべきと考えてしまうでしょう。しかし、英語を学ぶよりもずっと必要になるのが日本語を学ぶということです。英語を読んで理解するということが難しくない程度の英語力があったとしても、それを適切な日本語に直すというのはとても難しいものです。同じことを伝えるにも多数の表現があり、その文脈でどれが適切な表現かというのを選択する必要があるでしょう。それができるようになるための日本語力が翻訳家には必要なのです。

専門用語を学んでステップアップ

日本語も英語も書ける翻訳家となったら、次のステップは専門用語を身につけることです。IT業界の専門用語やイア額用語を身につけることによって飛躍的にできる仕事が増えるでしょう。日本語と英語の両方を学んでいかなければならないことが大変な点ではありますが、それができるだけで一生ものの能力を身につけることができます。翻訳家としてフリーで働いていくことも可能にするのが専門用語を身につけるというステップアップです。

多言語翻訳とは各国の言葉を一斉に自国の言葉に翻訳することです。インターネットの翻訳サイトでは各国の言葉を翻訳フォームに貼り付けると日本語に翻訳してくれます。