あなたはやっていませんか?SNS投稿で気を付けるべき注意点

ついうっかりが大変な事に

インターネットは世界各国の人が簡単にアクセスして、情報をチェックする事が出来る便利なサービスです。その反面、使い方を間違えてしまいますと、自分の個人情報や友人の個人情報などを簡単に晒してしまうんです。ですので、何か情報をアップする際には、プライバシー面についてしっかりと考えなくてはいけません。まず、当然ではありますが個人を特定できるような情報は安易に載せないようにしましょう。自分の情報だけではなく、友人の私生活に関わるような事も、相手の許可なしに載せる事は違法になるんですよ。

相手と意見が違っても冷静に

なんとなくネット上で書き込んだことに対して、相手と意見が違う事ってありますよね。ですが、意見が違うからと言って、相手をすぐに非難するような行為はやめましょう。そうする事で、直ぐに炎上をしてしまい、取り返しがつかない事になります。また、ちょっとカッとなってしまったからといって、相手の個人情報をネット上にさらすといった行為も絶対にしてはいけません。プライバシーの侵害だという事で、後で訴えられる可能性も出てきますよ。

風評被害に繋がらないように

せっかくインターネットを楽しみたいだけなのに、他人のプライバシーを勝手に晒すような行為をしてしまうだけで、風評被害の対象になる可能性もあります。インターネット上には確かに色々な情報が飛び交っています。だからこそ、自分は冷静に判断をして、アップをしていい情報とそうではない情報をきちんと見極めなくてはいけないんです。以上の事に気を付けて、出来る限り簡単に個人情報などのプライバシーはアップしないように気を付けましょう。

機密文書は会社や組織などの内部でのみ流通でき外部へ漏洩してはならない機密性の高い文書のこと指します。