本当に直せるの!?一見難しそうなトイレの水回りトラブルを直してみよう

素人では手が出せないトイレ詰まりの原因とは?

トイレ詰まりの大半は、便器から下水道まで続く排水路が汚物とトイレットペーパーなどで塞がってしまうことで起こります。こうした詰まりには、ラバーカップを使用すればたいてい直ってしまいますが、それ以外では素人では手が出せないようなトイレ詰まりの原因もあります。例えば便器の破損などによる水漏れは、防水パテで塞いでも一時しのぎにしかならないため便器の交換を行わなければなりません。この他、床や壁に埋設されたパイプで水漏れが起こっている場合も、素人では手の施しようがありません。

水漏れでも中には簡単に直せるものがある

トイレで水漏れが発生すると、便器の水流が足りずにトイレが詰まってしまいます。しかし、水漏れは全般的に素人では簡単に直すことができない印象があります。確かに便器やパイプの破損では部品の交換から行わなければいけないので、業者でなければ難しいでしょう。しかし、パイプの壁面やタンクと繋がる部分のパッキンがパテの劣化などで緩んで発生する水漏れなどは、パッキンの交換やパテを盛ることで簡単に直せてしまいます。まず業者を呼ぶ前に、トイレのどこから水が漏れているのか確認しましょう。

水が流れないのにトイレが詰まったさぁどうする!?

タンクに十分な水が供給されずに水流が足りないと、トイレは詰まってしまいます。この水流が足りない状態を放置してトイレを使い続けていると、最悪の場合トイレが詰まっているのに水が流れないという状態になってしまいます。便器に水がはれないとラバーカップが使えないため、一見するとお手上げのような状態にも見えます。こうした場合は、まずバケツなどで水やお湯を便器に注いで上手く水が貯まるようなら、そこからラバーカップを使いましょう。水が貯まらない場合は高圧洗浄機を使ってみるか、大人しく業者を呼ぶしかありません。

トイレ詰まりが発生した場合は、詰まりの原因となっている物をバキュームで吸引する方法と、管ツールというワイヤーで押し込む方法があります。