堅実に続けるのがいちばん!自営業のやり方

自営業は一発当てるためのものではありません

サラリーマンに疲れてしまい、脱サラして自営業を始めて自分の城をもとう!という男性が多いです。または、一発当てて左うちわで暮らしたい!という理由でサラリーマンをやめてしまったりします。しかし、自営業というのはサラリーマンよりよっぽどたいへんで、地味で堅実な仕事なのです。早起きをしたり同じ時間に会社に行くのがいやだから脱サラを、などと考えているようならやめたほうがいいでしょう。サラリーマンより早起きをしたり、やりたくないことをやらなければならないのが自営業です。

自分一人で全部やらなければなりません

会社なら業務が分かれていて、自分の仕事だけやっておけばよかったようなことでも、自営業だと全部自分の仕事になります。今まで事務しかやってこなかった人が営業をしたり、営業畑の人が経理をしたりするのはとても骨が折れることですよね。自営業だとそれをすべてやることになります。特に、それまで偏った業務経験しかない場合たいへんです。人に任せないで全部自分で管理したい、という人ならまだしも、なかなか難しいものがあります。

自営業とは、真面目に堅実に続けるものです

自営業というのは、ぱっと一儲けできるわけでもなく、自分の思う通りに進むわけでもありません。今まで会社で他の人がやってくれていたようなことも全部自分でやりますので、対外的な交渉も全て自分次第です。どちらかというと、真面目にサラリーマンを勤め上げられるような人こそ、自営業に向いていると言えるでしょう。もし将来的に自営業をやりたいなら、サラリーマンのうちに色々な経験をさせてもらい、それを生かすようにするといいでしょう。

フランチャイズとは、本部企業の商標、サービスマーク、チェーン名称、経営上のノウハウを利用して、本部企業が開発した商品を販売する権利を得ることです。同時に指導や援助を受ける権利も得られます。